闘志は未だ果てず

公開日: : 雑記

「大学を卒業する程度の知力はあるんだし、
 体力だってついてきたんでしょ?
 病気ったって今はもう珍しくなくなったし、
 ぶっちゃけ日常の業務に支障をきたさないよう
 自分でコントロールが出来てさえいれば、
 勤務時間外に病院行こうが何しようが会社は気にしないから」

「プログラマの仕事をしてお金貰ったんでしょう?
 それは仕事として認められたことなんだから。
 本当に無駄なものには誰もお金なんて払わないよ。
 音楽創ってお金を貰うことだって、
 そこらの人間に出来ることじゃない」

「無駄な経験なんてひとつもないんだよ。
 どこかで必ず役に立つもんなんだよ。
 40代・50代で一本の専門性がないとちょっと厳しいけど、
 まだ20代なんだし別にいいじゃないの。
 面接でもサラッと軽く答えちゃっていいよその辺は。
 ぜんぜん間に合うよ」

……個別面談、行ってみて良かったよ。
喪失した自信が少し回復してきた。
少なくともカウンセリング2年間分よりは効いた。
元は人事部で働いていたそうだが、
「こいつには自信を回復させる言葉が最適」
って一瞬で見抜いていたのだとしたら
会社の人事担当者って凄ぇ! と言わざるを得ない。
普通の相手に言われたら「でもさぁ……」と反論したくなるのに、
めちゃくちゃ真実味がある喋りだった。
あ、俺ってほんとはやれるのかも、と思わせるのは流石だ。

思えば「逃げ出した」「資格がない」「自己欺瞞」とか、
自分で自分を悪い方向に洗脳し続けていたような気がする。
「私は自分を客観的に見ることが出来るんです。
 あなたと違うんです!」
という偉い人の台詞を思い出したけど、
客観的だと認識しているようで実は主観的だった、って結構あるよね。

ただ、これはポジティブになったというわけでもなく、
なんか上書き洗脳しただけのような気もする(笑)

関連記事

no image

七回忌をさぼった話

いや前日になって突然「行く?」と訊かれても、そりゃあ暗に「来るな」と言ってるようにしか。そもそも親戚

記事を読む

no image

なるべく普通に。

「自粛ムードが延々続くと経済が滞る」という意見には同意せざるを得ないので、普通な感じのことを書いてみ

記事を読む

no image

すまほ かった

古いケータイのバッテリーがそろそろ限界で、丁度キャンペーンを打ってたこともあって、買い替えることにし

記事を読む

no image

ぎっくり腰

12/26、午前4時――別にいかがわしい行為に励んでいたわけではなく、普通に仕事でやらかしました。あ

記事を読む

no image

仕事場の女性から絶望的な話を聞く

「彼氏探してるって人がいるから、 飲み会でもどうかって声をかけてみるよ」と言っていた話がポシャった。

記事を読む

no image

そして恥をそそぐ方法を考える。

恥をそそぐにはどうすれば良いか。「どうすればいいのかわからない」という言葉は自分にとって言い訳でしか

記事を読む

no image

風立ちぬ

先週なんですが、観てきました。貰った映画のタダ券が9月末までだったのですが、さすがに公開直後は満員で

記事を読む

no image

ひのきのあろま

4月に御柱を見に行ったとき、あっちの土産物屋でヒノキの精油を見つけて買ってみたんだ。量の割に安かった

記事を読む

no image

気分が380度回転した

土曜日に山へ行った話でも書こうかと思ったんですが、そんな気分じゃなくなった。いやもうね。「落ち込んで

記事を読む

no image

東海大相模

準優勝おめでとう!と、地元住民として労いの言葉をかけてみる。さすがに興南は凄かったが、そんな相手によ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑