天城山に登っ……_(:3」∠)_

別に艦名由来の山に登ろうと思っているわけではなく、
数年ぶりのリベンジなのです。
前回は天候不順と現地到着時間の遅れにより、
途中で引き返してしまったという。
以来、いつかチャンスがあれば
踏破してやろうと狙っておりました。
今回は天候も安定しているし、
GWの渋滞を避けて早めに出発したので大丈夫……の筈。

四辻→万二郎岳→万三郎岳→涸沢分岐で
ぐるっと回ってくるコース。
途中の伊豆スカイラインではこんな五月晴れだったのに……
DSC_0586

何も見えねぇ!
P1010568

前回も似たような天気だったし、
やはり俺らはこの山に歓迎されてない気がする。
まぁ霧深くて幽玄な風景ではあったけどね。
P1010570 P1010571 P1010564 P1010572


尚、15春イベは天城さんの姉妹となる
葛城さんもお迎えして完全終了。
ちなみに天城さんは今回もコスパ最高の支援要員として
頑張ってくれました。
クリア後はローマ掘りで25周くらいして
資源溶けまくったけどね……。
高雄型・妙高型がやたらドロップして
13秋の濃厚な重巡ドロップを思い出して鬱。
新規勢のレベリング兼ねてE-6回してたら
リットリオのLVが41まで上がってしまった。

さぁ次はゆーちゃん2隻目の確保かな(白目

150504-11110527
今回ヌルいヌルい言われてるけど、
海域難度はこれくらいで十分だと思った。
これ以上をやると
「難しい」ではなく「理不尽」になる。
14夏とか冬の3ダイソンとか、
針の穴に糸通すようなイライラゲーは楽しくない。

多摩川の水源まで行ってきたにゃ。

埼玉は奥秩父にある笠取山へ登ってきました。
ここは多摩川の水源ということで、
「多摩川の最初の一滴でコーヒー飲む」
という目標で登頂。
こういうオマケ要素があると
ちょっとモチベーション上がる。

国道411から登山開始地点までの道が極悪
(1車線で凄まじい蛇行の山道)
だったのですが、
それでも行った価値はありました。
めちゃくちゃ水が綺麗な山で、
人間は山に生かされてるな、と感じられます。
DSC_0570

DSC_0571

水道局による管理のせいか、
道もきっちり手入れされてて歩き易い。
山小屋から上は雪も残っていましたが、
暖かな春の日に残雪を踏みしめていくのもまた贅沢で良し。

DSC_0572

DSC_0574
分水嶺を越えた最後だけは難関だったのですが、
開けた大地の眺めも格別。

DSC_0578

DSC_0579
良い山だった。また行きたい。

赤城山に登ってきた。

10月11日の話。
神奈川からは少々距離があったのですが、
こういうタイミングでないとなかなか遠出もできないし。

ちょうど紅葉が始まる頃だったので、
綺麗で気候も良くて空気も清々しくて、
久々に素晴らしい登山となりました。
グンマーグンマーって馬鹿にしてごめんなさい。
赤城山、とってもいい所よ。

P1010544_R P1010538_R  P1010560_R

それにしても赤城山に榛名山に利根川……
某船のゲーム的には群馬県って勝ち組だな。
ところで地元・神奈川の足柄さん改二はまだですかね。
もうLV90近いんですが。

ちょっと富士山頂まで行ってきた。

「え、長月さんて山登りやってる割に
 富士山は登ってないの?」
みたいなことを言う輩がいるので、
「じゃあ誕生日の朝にご来光拝んできてやるよ。
 ついでに日本国内最高地点に立ってきてやるよ」
と、ついカッとなって登ってしまった。
8日(出発時)の五合目は今にも雨が降り出しそうで、
雷の危険性もあったわけですが、
夕刻からは奇跡的に天候が回復。
結局、一度も降られなかった。
高度に身体を慣らしながら行けば、
山自体はそうキツいものでもないかなと。
高山病が最大の敵になるだろうと警戒してましたが、
軽い頭痛が続くだけでアッサリしたもんでした。
やっぱり眠かったけどね。
というか何が驚いたかって、
寝てると息切れして目が覚めることだよ……!
逆に山頂まで無理なく行けたのは、
ここで下手に熟睡しなかったお陰かも知れませんね。
P1010168
8日午後。雲が切れた瞬間。
 P1010178
9日、午前5時。紅く染まる空。
 P1010189
5時10分、ご来光。
ぐるっとお鉢巡りして剣が峰。
ただ、
・誕生日にご来光
・国内最高地点到達
を果たしたので、もう富士山はいいかな。
やっぱり緑の多い所の方が登ってて楽しい。

大山に登る

運動不足気味だったので
「山頂まで3時間」
「ちびっ子に追い抜かれない」
を目標にしていたけれど、
案外サクサク行けて2時間で山頂。
「これはもう今年中に富士行けるんじゃね?」
的な展開に。
この達成感をどう噛み締めるべきかを話し合った挙句、
「強いて言うなら……海が見たい気分だ」
ということになり、何故か沼津でメシ喰って帰ってきた。
 P1010153
沼津の水門。
もう1回くらいどこか登ったら
次は夏に富士か。