読書感想『わがふるさとは黄泉の国』

半村良の短編集。
『産霊山秘録』を再読して以来、
半村熱に火が点いたので、
古本屋で買ってきてしまった。

表題作は「自殺村」出身女性の死の秘密を追って、
黄泉の国へと通ずる村へ足を踏み入れた青年の話。
日本神話の内容と絡めながら、
恐ろしくも美しい雰囲気をしっかり出していて引き込まれる。
他人と関わることが非常に下手な主人公の暗い心理描写も良かった。
ある種「あー、わかるわかる」って感じがね、するんですよ(笑)
話の内容も、今の伝奇ホラーと比較しても充分すぎるほど戦える。

『農閑期大作戦』も面白かった。
馬鹿馬鹿しくて、パワフルで、勢いがあって、楽しい。
『庄ノ内民話考』はトンデモ論すぎて笑える。
今から見るとオカルトマニアへのナイスな皮肉になってる。
『わが子に与える十二章』は何とも言えない怖さが心地良い。

全体的に「読んでよかった」と言える。
当たりでした。
やっぱり半村良は面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です