読書感想『およね平吉時穴道行』

公開日: : 活字

半村良の短編集。
半村熱に火が点いたので以下略。

デビュー作にあたる『収穫』が収録されているということで購入。
無人の街を探索するシーンを読んでいると、
小松左京の『こちらニッポン…』を思い出した。
あれも面白かったなー。
『酒』みたいなさりげないアイディアの話もけっこう好き。
『虚空の男』もただの謎解きに留まらないあたりが良い。
謎解きに並行して夢を喪った男の姿、
仕事に対する価値感等が描かれることで、
読後感が多段構造で一層深くなってるんだ。

立て続けに半村作品を読んだけれど、
自分はSF臭さの少ないSFが好きらしい、ってのがわかってきた。
心理描写とか日常生活とか、リアルの延長線上にある感じがね。
神林長平的なガチガチのSFよりも、
小松左京や筒井康隆に繋がる人間臭さ。
その方がしっくり来るんだよな。

かつてSFには
「文学的な面白さを捨ててでもSFらしさを追求すべき」
なんて意見もあったらしいけど、
個人的にはナンセンス以外の何物でもないと思ってしまう。
SF小説は『小説』だろ!
小説は面白くてナンボのもんじゃねーか!
そんなこと言ってるからSFが売れなくなるんだ!
……ってのは言いすぎ?

妖星伝も読みたいんだけど、
文庫のあの凶悪な分厚さを見ると挑戦する気が萎える……(‘A`)

これ系のSFでサクッと読める面白いのあったら教えてくれ。

関連記事

no image

読書感想『わがふるさとは黄泉の国』

半村良の短編集。『産霊山秘録』を再読して以来、半村熱に火が点いたので、古本屋で買ってきてしまった。表

記事を読む

no image

読書感想『産霊山秘録』

やっぱり面白い。日本における伝奇・SFの大傑作。歴史伝奇小説ではありながらも、根本に流れるテーマが「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑