さよなら相棒、さよなら仕事場

公開日: : 雑記

もう先月の話になるが、
同僚の転職が決まり、退職する運びとなった。
3年以上も一緒にチームを組んできた、
まさに相棒と呼べる存在だった。
お互いのやるべきことを完全に把握していて、
会話を一切しなくてもやれるほどのチームワークだった。
その相棒曰く
「もういい加減この仕事にうんざりしたので
 必死に就職活動した」
とのこと。

気持ちがよくわかるだけに、何も言えなかった。
うちは長らくたった3人のチームで、
「必ずこの時間までに任務を完了しろ」
という命令を下されていた。
当然、人員が足りていないので
色々と効率的に進めるべく知恵を出し合ってきた。
怒られながら、ミスしながら、手探りで業務を立て直し、
データを蓄積し、安定するスタイルを作ってきた。

甘かった。

査定においては
「新しい基準で見た場合、
 基準値より+1できようが+100できようが
 一切のプラス評価はしない。
 仮に業務を立て直したとしても一切給与には反映されない」
と明言された。
その上で、更なる能率化を求められた。
時間内にやるべき作業をドカンと増やされた。
勤務時間外に営業をやって数字を上げろとも言われた。
「そりゃあ辞めたくもなるよね」
と、相棒の失意はよくわかった。

自分も続いて辞めることにした。
絶望的な日々をどうにか乗り切ってこられたのは、ひとえに
「せめてチームの仲間の負担だけは減らしたい」
という思いがあったからこそである。
その働く動機も失われた。
表向きの退職理由は『体調不良』ということになっているが、
このタイミングで辞めるということがどういう意味を持つか、
周囲の多くは既に察しているだろう。

が、知らんもんね。
とりあえず1ヶ月くらいはのんびりしよう。

関連記事

no image

仕事場の女性から絶望的な話を聞く

「彼氏探してるって人がいるから、 飲み会でもどうかって声をかけてみるよ」と言っていた話がポシャった。

記事を読む

no image

そして恥をそそぐ方法を考える。

恥をそそぐにはどうすれば良いか。「どうすればいいのかわからない」という言葉は自分にとって言い訳でしか

記事を読む

no image

ノロウイルス(らしきもの)にやられて

先々週は死んでました。家庭内感染です。 丸2日間くらい何も食えなかった。 厚生労働省のページを見

記事を読む

no image

お久しぶりです。

とりあえずまだ生きているようです。最近はラーメン喰ったりパソコン買い換えたり富士登山の計画を立てたり

記事を読む

no image

腓腹筋が、腓腹筋が……!

通常の運動1時間のあとに8kgの負荷でカーフレイズ(段差有)1時間。翌日からどうも筋肉痛が引かない感

記事を読む

no image

ぎっくり腰

12/26、午前4時――別にいかがわしい行為に励んでいたわけではなく、普通に仕事でやらかしました。あ

記事を読む

no image

夏の風物詩

9月に入って今更な感じですが。花火。海。蝉の声。かき氷。スイカ。お祭り。盆踊り。甲子園。水着。アバン

記事を読む

no image

お仕事

ちょっと音楽のご依頼を引き受けております。就職すると言い始めた途端に……。動き始めたらまた追い風が吹

記事を読む

no image

気分が380度回転した

土曜日に山へ行った話でも書こうかと思ったんですが、そんな気分じゃなくなった。いやもうね。「落ち込んで

記事を読む

no image

梅酒を発掘せよ

なんかもう何十年前のものかわからない梅酒が発掘された。中はもちろん超・熟成。とろりとした優しい口当た

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑