BTSが米国ホワイトハウスでバイデン大統領と議論~BTSの社会貢献のまとめ

KPOPグループBTSが、5月31日にホワイトハウスで米バイデン大統領と会談することが発表されました。BTSはバイデン大統領からホワイトハウスに招待されたということです。

韓国のテレビ関連では「バイデン米大統領がBTSをホワイトハウスに招待」というテロップを流して大変話題となったそうです。日本でもBTSがホワイトハウスへ招待ということが話題となりニュースなどで伝えられていました。 

 


そこで、この記事では『BTSが米国ホワイトハウスでバイデン大統領と議論~BTSの社会貢献のまとめ』と題して、BTSのホワイトハウスへの訪問について、またこれまでのBTS社会貢献をまとめてレポートしていきたいと思います。  

  • ◆ BTSがホワイトハウスへ招待!米国バイデン大統領と対談
    ◆ BTSのアメリカでの様子は?
    ◆ BTSのこれまでの社会貢献活動のまとめ
スポンサーリンク

BTSがホワイトハウスへ招待!米国バイデン大統領と対談

BTSは「青年大使」として米国のホワイトハウスへ向かうと言われている。今回のBTSのホワイトハウス訪問はバイデン大統領と多様性の重要性を話し合うということが主な目的とされています。

なんと今回のBTSのホワイトハウス訪問はバイデン大統領自身が個人的に招待したものだそうです。現在アメリカで問題になっているアジア系人種に対するヘイトクライムへの対応やBTSの世界での活躍、そしてBTSの社会貢献活動がホワイトハウスに評価されたのだと思います。


ホワイトハウスが海外アーティストを招待するのはかなり特別なことのようです。ですから今回、世界で大きな話題となり、BTSのファンはもとよりアジアを含む世界中が注目しています。

米国では「アジア人へのヘイトクライム」などの人種差別問題があり今回のBTSの訪問でバイデン大統領はこの件について改善を目指したいのかもしれません。、テキサス小学校で以前起こった銃乱射事件など深刻な問題ととらえているようで、今回のBTSのホワイトハウス訪問がアジア人へのヘイトクライム改善への第一歩をなることを期待します。

スポンサーリンク

BTSのアメリカでの様子は?

BTSは既に米国へ向かっているようで、twitterなどで出国の様子がアップされています。

他のメンバーもきっとアメリカに向かっていますね。

その他の様子が分かり次第、こちらでアップします。
 

スポンサーリンク

BTSのこれまでの社会貢献活動のまとめ

今回のBTSのホワイトハウス訪問が発表されたときにリーダーのRMはコメントを出しました。

リーダーのRMは「ファンにしっかり仕事をしてきます」とコメントを出した。

これまでのBTSの社会貢献活動

2017年11月UNICEF ユニセフ(国連児童基金)とパートナーシップ締結

★2018年9月20日に国連総会に出席し、SDGsを議題としたスピーチを行いパフォーマンスを披露しました。

 


国連でのパフォーマンスは圧巻でしたね。本当にファンの皆さんや世間で話題となっていました。

2021年3月 ユニセフに100万ドル以上を寄付

スポンサーリンク

まとめ

この記事では『BTSが米国ホワイトハウスでバイデン大統領と議論~BTSの社会貢献のまとめ』と題して、BTSのホワイトハウスへの訪問についてとBTS社会貢献をまとめてみました。

  • ◆ BTSがホワイトハウスへ招待!米国バイデン大統領と対談
    ◆ BTSのアメリカでの様子は?
    ◆ BTSのこれまでの社会貢献活動のまとめ

今後もスターBTSとして、社会貢献活動でも活躍して欲しいなと思っています。